バツイチ乳がんになる

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月

最初で最後の経験にしてね

ご訪問ありがとうございます。
タイトルを見て訪問いただいた方も最後まで読んでいってくださいね。


みなさん、家宅捜索って受けたことあります?

そんな経験ある方少ないですよね。
普通に生活をしていれば、警察のお世話にはなりませんよね
なりたくないですよね。


詳しいことは書けないけど、家宅捜索を受ける事になってしまいました。
本物の令状も見せてもらいましたよ。

ガタイのいい人が紺のスーツを着て数人やってきました。
独特のオーラと威圧感があります。

50歩譲っても100歩譲っても営業マンには見えない。


管理しているのはわたし
私と社長が立会いのもと行われました。

部屋の説明をした後、チラッと時計を見て
「〇時〇分始めましょか」と上司らしき人が言うと

みんな白い手袋をはめてあっちこっちを見てます。



もぉ~~私は目が点!!
そしてキョロキョロ・・落ち着かない


部屋や建物の見取り図を書いている人。
箪笥や押入れを開けて調べている人

カメラを持った人はあっちでバシャバシャ
こっちでバシャバシャ

テーブルの上のパンフレットまで写真撮ってるし~

ふっとそのパンフレットを見ると、私の携帯番号が書いてある

え~~

そういえば何かあれば連絡するようには指示してたけど
こんなところに書いてあったのね。

思わず「この番号は私です」と申告しました。
でも調べられてるのだろうなぁ~

ひと通り終わったのか動きが止まったら、説明が始まりました。

そしてまた時計をチラッとみて
「〇時〇分終わりましょうか」

みんな白い手袋をはずします。

あっ TVでよく見る指紋を取るためにポンポンなんてのはやってません。

なんだかTVのワンシーンのようでした。
私はエキストラ1ぐらいですね~
貴重な経験をしました。


帰って息子に「もうこんな経験はしたくない」
と頼んでおきました。
最初で最後の経験にしてよね。


これは病気をする前の話です。
めっちゃネタは有るのでシリーズ化したいけど
どこまで書いていいのか分からないのでまたの機会に・・・

この夏に私の中でヒットしたものです。
s-___20130830080114d7a.jpg
超マイナーなドリンクです。
スーパーやコンビにを探し回ってもなくて、本屋に売ってました(汗)。
本屋にジュース??
田舎の本屋は何でも置かないと商売にならないのでしょうね
Comments(10)   Trackbacks(0)

帰りたい……よね

以前に書いたことあると思うけど、
会社には外国人の男の子が数人、3年間の研修目的で日本に来ています。

ひとりの子が昨年ネフローゼになってしまった。
なんとか薬でコントロールできて退院し、また仕事に復帰していたのに・・・

8月初旬にまた再発してしまった。

最初の退院の時に「再発したら帰国ね」とキビシイ宣告をしました。

・・・・再発・・・・

今は、治療中で最短3ヶ月の入院を言われてます。「困ったことはない?」と病室に行くと

「・・・・帰りたい・・・・」

帰りたいよね。
息子と変わらない年齢で異国の地で病気になって不安な上に
働けないのに治療費がかさむばかり。

帰してあげたい

いろいろな制度があり、なかなか進まない帰国の手続き

帰国後の受入病院もまだ見つからないし、今、薬を止めるのは危険という判断。

外国人の子を数十人見てきたけど、この子が一番性格のいい子なんです。
日本語は上達しないけど。




余談ですが、この子達は3年間で日本語を勉強し、技術を身につけ
帰国したら日系企業の就職などを目指してます。
日本人観光客のガイドになった子もいます。
日系だと給料がいいそうです。

帰国する頃には違和感なく関西弁を喋ってますよ
「ダメ!」とは言わず「アカン!」って言ってます(笑)

日本語能力試験を受けるのですが、上級になると日本人の私でも結構難しい
(日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験です)

その上に関西弁も理解出来ないといけないし……



話は大幅にそれましたが、出来る限りの事はしてやりたい。
病室のおじいちゃん達や看護師さんに可愛がられてるのが救いです
Comments(6)   Trackbacks(0)

心の病

宇多田ヒカルの母親 藤圭子が長い間心の病であった事を公表しましたね

心の病で、私の心の中にしまいこんでいる思いがある。

それは、従兄の嫁です。
従兄に兄弟がないために、私を妹のように気に掛けてくれていた。
私は誰にも言わずに、突然離婚した、誰にも言わずに乳がん手術を受けた。
全部事後報告でした。

いつも黙って暖かく見守ってくれていた。
気を遣わせないように、私に気遣いしてくれる。

彼女は義父(私の伯父)を精一杯介護して看取り、
実父、実母を大切に看護して看取りました。

その頃からです。。ご飯が食べれなくなって、眠れなくなったのは。
更年期障害真っ只中だからじゃないの?という人も

ある日、平日で、なぜ私が休みだったのかは思い出せないけど、
「あのん☆5ちゃんとならご飯も食べれそうな気がする」
と言ってランチに誘ってくれた。

疲れてるのかな?
「鬱やっていう人もに鬱はおらへんでえ〜。大丈夫!」
なんて励ましの言葉をかけてしまった。
彼女はそれから外出することもままならないほど、鬱になってしまった。

今になって聞くと「死」も考えたという。

劇的にピッタリ合う薬が見つかり快方に向かうけど、
やっぱり不安定で危うい。

何時間も話しをした。

今は薬を減らせて、明るく過ごしているけど、
ちょっと不安だったりしたらすぐに病院に行くと言っていた

心の病気は「あの人が!」って人がなるそうです。
私はいろいろな試練は乗り越えて来たつもりだけど、
心は病まなかったようです。

彼女は自分の病気をおいといて、私の身体の心配をしてくれる。

いつもありがとう。

病こそ違うけど一緒に闘って行こうね

藤圭子さんのご冥福をお祈りいたします
Comments(4)   Trackbacks(0)

睡蓮

今日の花シリーズは睡蓮です。
前に書いたレンコン畑の隅っこで育てられてました。
育つ環境は一緒なので、蓮に負けないように咲いてました。

image_201308252048393e4.jpg


image_20130825203009756.jpg

睡蓮と言えばこの曲でしょうね



あんなに待っていた雨は、降り出したら警報が出るほど降りました。

今日は、本を読んだ後寝たり、昼寝したり、ゆっくりしました
(結局ず〜っと寝てた)

また明日から暑い日が戻ってきそうですが、
秋はそこまで来てると思って、乗り切りましょう。

image_20130825220156eb7.jpg
ひとりでいれる珈琲はインスタントが面倒臭くなくていいけど、
美味しい珈琲を飲みたい。
そんな時はこれです。ドリップに負けない美味しさです。


「きれいなコーヒー」オアシス珈琲ファンサイト参加中


Comments(2)   Trackbacks(0)

講演会とゆりの花

(意味不明なタイトルですみませ〜ん)

今日はひっさし振りに雨が降りました。
いつから降ってなかったのでしょう?

高校野球は雨で延期なんてなかったから、
多分8月初旬から降ってないような気がする
(あまりの暑さに調べる気もないです)

今夜は涼しくて寝れそうです。
熱帯夜脱出〜

外では鈴虫が鳴いてます。
虫たちには秋が訪れてるようです

前のブログに書きましたが、講演会に行ってきました~


【講演】

「ホルモン療法に伴う関節痛の病態と治療」 
?整形外科的治療の有用性?

はやし整形外科   林  毅 先生

乳がん学会の中では、唯一の整形外科の先生だそうです
ホルモン療法でおこる疼痛を我慢しながら内服を続けている人が多い。
疼痛を整形外科的に介入して軽減させ、
副作用を上手にコントロールして乗り切りましょう。と言うお話でした。
痛みがあれば整形外科に紹介状を書いてもらいましょう。
整形外科も専門があるようで、関節、手専門の先生が良いそうです


【特別講演】


「乳がんホルモン療法の秘密を勉強しましょう」


京都大学大学院医学研究科標的治療腫瘍学講座  佐治 重衡 先生

佐治先生はやっぱり以前にも講演会に行ってました。
話しを聞くまで気が付かない私も???(←大丈夫なんだろうか?)

術後ホルモン療法の基本2013年

【閉経前】
1.タモキシフェン5年
2.タモキシフェン5年+LH-RHアナログ
3.タモキシフェン5年+アロマターゼ阻害剤(閉経した場合)
4.タモキシフェン5年+タモキシフェン5年(閉経してない場合)


【閉経後】
1.アロマターゼ阻害剤5年
2.タモキシフェン5年(トレミフェンも可)
3.タモキシフェン2-3年→ アロマターゼ阻害剤2-3年(計5年)
4.タモキシフェン5年→アロマターゼ阻害剤5年
5.タモキシフェン5年→タモキシフェン5年(ガイドラインに記載なし)


ホルモン剤を止めてからでも4-5年間は効いているそうです。
長期にホルモン療法を続けていく方法が注目されてます。
(ただし、全員にではありません)
5年足すと14年〜15年はカバーできます。
(↑私は何歳になってるんだろう?と考えてました)

タモキシフェンの副作用で
子宮体癌は閉経後患者でのみリスクが増加(閉経前患者では証拠なし)
LH-RHアナログを使用している場合は閉経後として考える

子宮体癌検診については定期的な検診はお勧めできません。
必要以上に心配しないように。
無駄に検診を受けなくても良い。
検診を受けるという警鐘が必要です。

もっと「へぇぇぇ〜」と言うお話はありましたが書き切れません。

尻込みしそうなくらい暑い中に、勇気?を出して行って良かったです。

ブロ友さんに会場まで迷子にならずに連れて行ってもらったのに、
お別れした後にグランフロントまで行って迷子になりました。
阪急まで戻ったら妙な安心感。
完全なお上りさんなので、そそくさと帰ってきました。



さてさて「花シリーズ」ですが、今回はゆりですよ~

あまりの暑さと水不足で
百合の花もつぼみのまま枯れていました。
(またピンボケ、センスないわ〜)
image_201308231808269f0.jpg

s-__2.jpg

そうそう、どっしりと構えていきましょう
Comments(8)   Trackbacks(0)

盆休みが終わる〜

暑かったお盆休みが終わってしまう〜
世界陸上に明け暮れた休みです。
お墓参りや親戚の家にご馳走になりに行ったり、
友達とBBQやったり、あっという間に終わってしまいました。

その中で1日大阪に行ってきましたよ〜
病気してから行ってないので、久しぶりでした。
マジ浦島太郎状態です。

ブロ友さんと待ち合わせをして、出会えるかドキドキ
きちんと私を見つけていただいてありがとうございます。
迷子にならなくて良かったです。
パピナンさん

いつもいただくコメントで勝手に妄想してましたが
妄想通りの上品で優しい方でした。


まずランチへGO
image_201308182207259b5.jpg
中華です。私は海老チリをチョイス。
奥にチラッと見えるのが、パピナンさんチョイスの八宝菜

プレゼントまでいただいてありがとうございます。
紅茶美味しかったです。フィナンシェも美味しかった(*^o^*)
image_2013081822072413a.jpg

大阪まで来た目的は講演会
image_20130818220727903.jpg

笑ったのは、とある先生のズボンの丈がメッチャ短い
私はそこに釘付けでした(笑)

長くなるので講演会は次に

世界陸上は400mリレーがファイナルに残りました。
チームジャパン頑張れ!!
Comments(8)   Trackbacks(0)

夏休みの宿題

毎日が暑いですね。
早く仕事に戻りたい(クーラーの中に)が40%
暑くても休みがいいが60%

今年のお盆休みは世界陸上で
昼夜逆転した生活を送ってます。

これもなかなかの幸せ(*^^*)

今日は友達の子供と夏休みの宿題をする予定でしたが、
あまりの暑さにやる気をなくし(私が)
材料だけがもらわれて行きました。

image_20130816134835782.jpg

私の中では完成品とはならなかったけど
立派な作品となって学校に提出してもらえるのだから
良かった事にしましょう。
フォトフレームにする予定ですって

友達の子供に「どんだけ細かい事、好きやねん」
と言われました。

はっきり言いましょう
面倒臭いけど「好きです」

image_20130816141740293.jpg

この子達は完成品となりましたよ
暑いので、クオリティ低いけどそこは愛嬌o(^▽^)oです

明日はお出掛けです。
迷子にならないようにしますね。
しっかりしてそうで、おおボケ炸裂するからね。
Comments(12)   Trackbacks(0)

一病息災

持病が一つくらいある方が、
無病の人よりも健康に注意し、
かえって長生きであるということ」(広辞苑)


健康は、人間の幸せの中で、大きいものの一つです
健康にあまり注意しないで生活している人もたくさんいると思います
その人達は幸せだと思います
健康だから得られる幸せもたくさんあるでしょう
でも、健康の幸せを感じられる人は少ないでしょう

無病息災であることが最もいいのは間違いありません

健康の幸せは感じていませんでした。
健康の大切さは、失ってみてはじめて、その大きさに気づきました。

病気が分かる前は「私は健康だから病気しないよー」と気にもかけていないし
「(病気に)なったらなった時」なんて開き直りもありました

健康って素晴らしい。

病気になったからこそ病気を患う辛さや悩みを少しは理解することもできたし、

今の状態が続くのを目標に。
これ以上悪くならないように・他の病気にはならないようにしよう
と心がけることで、健康な時より心も身体も健康になっていると思います。

現に食事に気を付け、体重維持、継続的な運動と…
なかなか出来なかった事が出来ています。

「一病息災」の捉え方が変わりました



s-_4__20130808083907bf5.jpg
私の心に響いた一言です
花の写真なしです。花がわからない〜

Comments(12)   Trackbacks(0)

向日葵

太陽を追いかけるように花を咲かせる向日葵

自然に笑顔になる不思議な魅力を感じます。

向日葵のように、陽の差す方を向いて凛と咲いていたいです
(正確には、咲き始めは太陽を追って回りますが、花が良く咲いた後は常に東向きに咲くらしいです)


s-_3__2013080808385995e.jpg

夜でも凛と咲く向日葵の写真を載せたかったけど、
近所の向日葵はピークが終わったのか切られてました。残念

s-_5__20130808083905c8c.jpg
写真を探したら、こんな写真が残ってました。
友達のお見舞い用に買ったアレンジメントだったと思う


あまりにも暑く、ネタ切れなので
前回からの花シリーズもう少し引っ張りますよ〜

ひまわり といえば 「 遊助 」 でしょうが
でもこの方もいますよ。








この方で「オッ!!」っと思われた方。
同年代ですね(笑)
Comments(10)   Trackbacks(0)

泥の中に咲く花〜♪

土曜日の通院中にいつもとは違う道を通ってみました。
あらっ!!こんなところに蓮根畑が………

s-___2013080508104627d.jpg
めっちゃ田舎〜

s-_1__20130805081044884.jpg

オット!こんなところで寄り道してたら診察終わってしまう〜
(12時の予約です)

s-_2__201308050812007b6.jpg

泥の中でも咲きますよ〜

おわり………
Comments(8)   Trackbacks(0)

すごすごと帰ってきました

今日は17回目ゾラデックスの注射日

看護師の「お変わりはありませんか?」
の問いに、脇の下の痛みを訴えてきました。

触診時に脇を見てもらったけど
主治医「ココ?」
わたし「ここもだけど、この筋!」
主治医「ああ〜これね!すぐに治まるから」
わたし「血管のような気がする」
主治医「炎症起こしてるだけだから」

両胸の触診をして、注射をして終わりです。


予想通りすごすごと帰ってきました(笑)

【言い訳】
3日前に夕食作っていて激痛が走って、右手は恐る恐る使ってます

※※※ゾラデックス残り(たぶん)6回



近所のセミがあまりにもうるさいので、
何匹いるのか見に行ってきたら
あっと言う間に蚊に10ケ所刺されてしまいました。


image_20130803174245d76.jpg

下のセミは羽が透明だったので羽化したところでしょうか?
私、実は昆虫キライなんです。

このセミたちが最近は夜勤をするんです。
日付が変わる頃に、まだ鳴いてます。

残業手当付けてもらってるんかな。
要らぬ心配ですが^_^;
Comments(12)   Trackbacks(0)

脇の下が痛いんです

脇の下が痛いんです

タイトルをみて脇の下を押さえた方もいらっしゃるかと思いますが、
ずっと痛いわけではないけれど、術側の脇の下を押さえたり、
腕を上げる方向によって引き攣れる痛みがあります。
明らかに関節ではありません。

『妙な痛み・・・』 と思いながらも、症状が変わらないまま2週間放置。
痛みの根源はここ!!
腕を上げると、ちょうど脇の下に一本の筋が触れます。長さ5cmほど。

グリグリすると痛い
反対側には全然ありません。脂肪でプニプにしてま~す。


押さえてみてください。プニプニしてますよ~
(失礼!!)


ずーとストレッチをしてました。し過ぎ?
でも脇の下の筋肉痛なんてあり得る?
脇の下の筋を違えるなんて今まで経験ないし・・・

リンパ浮腫じゃないのなんて一瞬思うけど、違うような気がする



気になってググって見ると


『血管性静脈炎』という疾患
主に体の側面の皮膚表面に近い静脈という血管に、血液の固まりができ、索状硬結(さくじょうこうけつ)という線状の硬いすじが触れる状態をモンドール病といいます。中年以後の女性に多くみられ、みぞおちから、乳房部、腋の下にいたる部位に、縦に続く索状硬結として認められます。
索状硬結を強くつかむと痛みを感じ、あるいはひきつれた感じがありますが、一般的に発赤などの症状はありません。これは静脈炎といって静脈の炎症を起こしたための血管の変化であり、多くは原因不明ですが、時に胸部の外傷が誘因となることがあります。数週間の間に自然に軽快し、治療の必要は無いとされています。


症状がぴったりはまります。
そして充分・・中年以降の女性ですよ~
 ドストライクです。


土曜日はゾラデックス注射の日

多分、主治医には「ふっ・・」と笑われて
「様子を見ようか」なんて軽くあしらわれ、
すごすごと帰ってくることになると思います。

そうでありますように



※※※※
この暑い中、仕事がトラブル続きでバテてます。
皆さんにコメントを残せてませんが、訪問させていただいてますよ~
読み逃げでごめんなさい
Comments(12)   Trackbacks(0)
プロフィール

あのん☆5

Author:あのん☆5
50代バツイチ。2012年2月に乳がんの告知を受けました。治療も一区切りついて、前向きに楽しく過ごしています。

右浸潤性乳管癌
ステージ1
T1 N0 M0
グレード2
腫瘍1.4×0.9㎝
断片 (-)
乳管内進展 (+)
脈管浸潤 (-)
放射線治療 50G
ER (+)
PgR (+)
HER2 (2+)陰性
Ki67 20%
ゾラデックス 2年間
タモキシフェン 5年間

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
**

にほんブログ村
カウンター
検索フォーム
Powered